顔やせは可能なのか

MENU

顔やせって可能なの?

顔は外見で最も見られる場所ですよね。
だからこそ「引き締まった小顔になりたい!」と願うのは誰だって同じことだと思います。

 

しかし、世間では「顔やせは無理だよ」とか「体重を10キロくらい落とさないと顔はやせて見えない」などと言われています。

 

顔やせは部分やせのひとつと言えます。
他にも二の腕やお腹、お尻など、部分的にやせたい部分はたくさんありますよね。

 

なぜ顔やせを含む部分やせが【不可能】だといわれているのかを検討してみましょう。

 

部分やせが無理だと言われる理由

部分やせは無理だ、という意見がかなり多いです。
その理由のほとんどは「脂肪の燃焼システム」を根拠にしたものです。

 

まず、私たちの脂肪というのは皮下脂肪内臓脂肪の二種類があります。

 

もちろん顔にあるのは皮下脂肪ですね。

 

この脂肪を燃焼させるためには、エネルギーを消費する必要があります。
例えばウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行ったとします。
もしも血液中にエネルギーが足りていない場合、脂肪を分解してエネルギーとして利用できるように変換します。

 

このとき、皮下脂肪よりも先に内臓脂肪が利用されて、徐々に皮下脂肪も燃焼させていく、というプロセスが取られます。

 

脂肪が分解されてエネルギーとして利用できるようになると、血液に乗って身体中を循環しながら消費されていきます。

 

つまり、脂肪は部分的に燃焼されるのではなく、全体的に利用されていくので顔の脂肪だけ燃焼させることは無い、というわけです。

 

これが「部分やせ否定派」の意見となっています。
確かに、全体的に太っているのに部分的にやせている人はあまりみかけませんし、かなり理論的なので「そうなのかも」と思う部分がありますね。

 

部分やせはできるという意見

部分やせは可能だという意見も少なからずあります。
その多くは「筋肉の付いている部分に脂肪がたまりにくい」というものです。

 

確かに部分的に脂肪を燃焼させることはできないと考えられています。
しかし、よく動かす部分の筋肉というのは脂肪を燃焼させやすくなるという研究データがあります。

 

筋肉の中には脂肪が蓄えられています。
この脂肪を燃焼させて筋肉を動かしているのです。

 

普段から良く動かす部分の筋肉には脂肪が比較的少なく、あまり動かさない部分には多くついているとされています。

 

つまり、筋肉は動かせば動かすほど脂肪が付きにくくなる、ということになります。
これは筋肉量そのものが多くなって代謝が高くなっていることも関係しているのでは、と考えられています。

 

また、筋肉が発達することによって「引き締め効果」が生まれます。
筋肉が多いほど引き締める力が高まるので、たるみを解消でき部分やせに効果的です。

 

これらの点を考えると、部分やせが出来ていると考えることができますね。

 

顔やせに関して言えば、表情筋が非常に重要になってくるといえます。
表情筋は良く笑う人など表情が豊かな人ほど発達しています。

 

部分やせ考察のまとめ

以上のことを総合して考えると、顔やせは可能である、と考えることができます。
そのためには

 

  • 表情筋を鍛えること
  • 身体全体の脂肪量そのものを減らすこと

 

この2点が大切だと言えます。