表情筋を鍛えて顔やせ

MENU

表情筋を鍛えよう

顔やせの極意とも言えるのが表情筋のトレーニングです。
表情筋を鍛えることによって肌を引き締め、輪郭を明確にすることができるので顔やせ効果を期待することができます。

 

「表情筋のトレーニングをやっているけれどあまり効果を実感できない……」という方もいるかもしれません。

 

表情筋を鍛えるのは、他の身体の筋肉を鍛えるのと同じことです。
そのため、ちょっとしたコツを知ることでトレーニングの効果をより高めることができます。

 

例えば、普段から運動をしている人とまったく運動をしていない人とではどちらがより筋肉を鍛えやすいでしょうか。
それは前者の普段から運動をしている人です。

 

常日頃から運動をすることによって、筋肉は効果的に動くことが出来ますし、疲労物質などを適切に処理する能力が伴います。
一方で普段は運動をしないのに突然運動をしても筋肉痛になって2、3日動けない、というのが関の山ですよね。

 

つまり筋肉を継続して使ってあげることが表情筋のトレーニングには欠かせないといえます。
ですので、思いついたときにちょっとトレーニングをする人よりも、毎日の習慣としてトレーニングを取り入れることが顔やせを成功させるポイントだと言えます。

笑うだけでもトレーニング

例えば、普段から表情を豊かにするよう意識するのはかなり有効な手段だと言えます。
いつも以上に笑うときに表情を強めるようにしてみる、話をするときには口を大きく動かすように意識するなどを心がけてみましょう。

 

ちなみに表情が豊かな人ほど魅力的に捉えられる、という研究結果があります。
確かに振り返ってみると表情が豊かな人ほど多くの友人に囲まれていますし、異性からも人気が高いですよね。

 

また、【笑う】という行為は自身のリラックスに深く影響を及ぼすことも分かっています。
辛いときや気持ちが落ち込んでいるときに、無理矢理笑顔を作ると脳が「楽しい状態なんだ」と勘違いをして、それが本当に楽しい気持ちになるというものです。

 

このように、表情筋のトレーニングには副産物的なメリットもあるのでドンドン取り入れていくようにしたいですね。

 

良く噛むこともトレーニング

ファストフードやインスタント食品が蔓延して、現代人は咀嚼回数が激減したと言われています。
小学生の頃の給食の時間に「30回噛んで食べよう!」と言われていましたが、これは消化器に負担をかけないこと、脳に適度な刺激を与えることなどを目的としたスローガンです。
咀嚼の回数が多ければ多いほどアゴの筋肉を鍛えることができるので顔やせ効果は絶大。
特に二重アゴが気になる人は咀嚼回数を意識してみてください。

 

「なかなか咀嚼回数を増やせない」
「忙しくてゆっくり食べている暇が無い」
という方はガムやスルメなどを食べるようにするのもOK。
要はそれなりの硬さの食べ物を何回も咀嚼することがトレーニングとなります。

 

咀嚼回数を増やすことで、満腹中枢が多く刺激されるため食事量を減らす、つまり摂取カロリーを減らす効果も得ることができます。
顔やせだけでなくダイエットもしたい!という方も是非【良く噛むトレーニング】を実践してみましょう。

顔やせのために表情筋を鍛えよう!記事一覧

 

顔のたるみや二重アゴを解消するには表情筋を鍛えるのが効果的です。普段の生活で使われている表情筋はなんと全体の30%程度だと言われています。人と良く話す人や、表情が豊かな人であればもう少し表情筋の使用率が高まるでしょうが、仏頂面でパソコンと向き合い続けるデスクワーカーの人などは表情筋を鍛える機会はほとんど無いと考えられます。例えば女優さんなどをイメージしてみましょう。テレビなどに露出するので表情を豊...