顔やせに効く食べ物

MENU

顔やせに効果的な食べ物

顔やせをしたい!と考えた場合、まずは顔のむくみをスッキリとさせることが重要です。
むくんでいる、という自覚症状が無くても、実は多くの人はむくんでいます。
そのため、むくみを解消するためにリンパマッサージを行ったり、表情筋を鍛えたりしますが、食事からのアプローチも効果的です。

 

まず、塩分の過剰摂取がむくみを引き起こしていることを知っておく必要があります。

 

塩分を摂取することによって、体内のナトリウム濃度が高くなります。
ナトリウム濃度が高くなると、浸透圧に変化が生じて、身体の細胞と細胞の間に水分がたくさん溜め込まれてしまいます。
これがむくみの正体です。

この多すぎるナトリウムをコントロールするために、カリウムの力を借りて余分な水分を排出させたり、ナトリウム濃度を適切なものへと下げるために身体が水分を欲するようになります。

むくみが慢性化するとアレになる

しかし日常的に塩分の高い食事を続けていると、むくみが慢性化してきます。
むくみが慢性化すると、細胞に溜まった水分に含まれている老廃物が細胞に定着していきます。
これがいわゆるセルライトと呼ばれている、デコボコとしたものです。

 

一度できたセルライトはなかなか解消させることができません。
そうなる前に、しっかりとむくみを解消させる必要があります。

 

カリウムを摂取しよう

先述したとおり、カリウムには余分な水分やナトリウムなどを排出する作用があります。これによってむくみを解消させることができます。

 

カリウムを含んでいる食べ物は、キャベツ、パセリ、バナナなどがあります。

夏場は自然と汗をかく量が増えてくるので、カリウムの消費量が多くなります。

 

しかし、いわゆる夏野菜と呼ばれるキュウリやスイカなどのウリ科の野菜にはカリウムがたくさん含まれているので旬のお野菜をたくさん食べるようにしましょう。

ビタミンBで代謝をアップ

ビタミンBを摂取することで、代謝をアップさせることができます。
代謝が良くなるということは、体内の水分の循環も高まるということ。
つまりむくみ解消を期待することができるといえます。

 

ビタミンBは、豚肉やゴマ、レバー、乳製品、大豆食品、カツオ、海藻類などがあります。
またウナギや牡蠣、シジミなどの魚介類にも豊富に含まれています。

いわゆる「疲れたときに食べたい元気の出る食品」にビタミンBはたくさん含まれていますので、目安にしてみてください。

クエン酸で代謝アップ

ビタミンB同様、クエン酸というアミノ酸の一種も新陳代謝を向上させる効果を持っています。

 

クエン酸を多く含んでいる食品は、梅干、お酢、レモン、グレープフルーツなどの「すっぱい食べ物」です。

 

クエン酸もまた、疲れを取り除く効果がありますので日ごろから疲れがちな人にオススメです。