タイプ別顔やせ方法

MENU

あなたの顔はどのタイプ?

顔やせをするには、まず自分の顔のタイプを知ることが第一です。
あなたはどの顔太りタイプでしょうか?

 

むくみ太りタイプ

むくみが原因で顔が太って見える人がいます。
このようなタイプの人は血行の悪さやリンパの流れが悪いなどが原因となっていることがほとんどです。
老廃物、水分、毒素などがうまく排泄されないため顔がむくんでしまいます。

 

このようなタイプの人はカリウムを多く摂取するように心掛けると改善されるパターンが多いです。
カリウムというのはミネラルも一種で、体の中の余分な水分を排出する効果を持っています。

 

カリウムはアボガド、キュウリ、スイカ、バナナなどに多く含まれています。
また、食物繊維をたくさん含んでいる食材(キノコ類など)を食事に取り入れることで新陳代謝をより一層高めることができます。

 

塩分を多く取り過ぎる場合もむくみの原因となりますので注意したいところですね。

むくみ太りタイプは血行を良くすることで改善されることも多く、例えば入浴でたくさん汗をかいたり、リンパマッサージなどを実践してリンパの流れを良くすることでむくみを解消することができます。

脂肪太りタイプ

顔にたくさんを脂肪がつくと当然引き締まった顔とはかけ離れたものとなってしまいます。
これを解消するためには食事制限によるカロリーコントロールや、運動などによる消費カロリーのアップを実践する必要があります。

しかし中には太っているわけでもないのに顔が丸いという人も少なくありません。
このような人は長年むくみの状態が続いていて脂肪が定着してしまったと考えることができます。
そのためにはリンパの流れをよくしてたまった老廃物をすっきりと流してしまうのが有効となります。

むくみ太りタイプと同様にカリウムを積極的に摂取したり、リンパマッサージを行ったりすると良い結果が得られると考えられます。

 

たるみ太りタイプ

表情筋が衰えることによって肌のたるみが起こると、たるんで太って見えることがあります。

普段から表情筋をエクササイズしていないと、肌はたるむ一方です。
若い頃は筋力がそれなりにあったためにそこまで気にする必要はありませんでした。
しかし年齢を重ねるにつれてだんだんと筋力が低下していって肌のたるみが生まれてきてしまいます。
するとホウレイ線やアゴのたるみなどが気になってくるようになります。

 

肌のたるみを解消するためにはコラーゲンの摂取、ビタミンCの摂取、表情筋のトレーニングが必要となってきます。