顔やせとリンパの関係

MENU

リンパの基礎知識

私たちの身体には多くの水分が存在しています。
血液、組織液、そしてリンパ液など実に様々な水分が存在していて、身体全体の6〜7割を占めているとされています。
蛇足ですが、赤ちゃんは80%以上が水分です。

 

血液はご存知の通り、酸素や栄養を運んだり、ばい菌と戦う白血球が含まれていたりと身体にとって重要な液体です。

 

組織液は細胞を満たす水分のことで、血液に含まれる血漿(けっしょう)という成分がにじみ出ることで形成されています。

 

この組織液が回収されたものがリンパ液です。
つまり、老廃物や細菌なども含まれていることになります。

 

リンパの役目

リンパ液はリンパ管の中を流れる無色透明な液体です。
血液と同じように全身を隈なく巡っています。

 

先述した通り、リンパ液は組織液を回収したものですので老廃物や細菌などの異物も多く含まれています。
ですので、そのまま流してしまうと全身に隈なく有害な成分が巡ってしまうことに。

 

そこで、リンパ管の随所に存在しているリンパ節がフィルターの役目を担っています。
リンパ節は全身に800個以上も存在していて、リンパ液が通過する際に細菌や老廃物をブロックします。

 

細菌などを除去する

私たちの身体は常に細菌などが体内に侵入しています。
これをやっつけてくれるのが血液に含まれている白血球。
白血球が細菌を退治してくれるから私たちは健康でいられるのです。

 

しかし、細菌は時に組織液にまで侵入することがあります。
そのときには、組織液がリンパ液としてリンパ管へと移動してリンパ節へと運ばれます。

 

リンパ節に運ばれた細菌はそのままフィルターにひっかかって除去され、細菌のいなくなったリンパ液は再び循環を始める、という仕組みです。

 

リンパ節にはリンパ球と呼ばれる白血球の一種が存在しています。
リンパ球が存在するからこそ、細菌を退治することができるのです。

 

例えば、風邪を引いたときに喉が腫れたりしますよね。
これはリンパ節にたくさんのリンパ球が作られるためです。
身体の中から大急ぎで細菌を退治するために大量に作られるために一時的にリンパ節が腫れてしまうことがあります。

 

さらに死んだ細菌や白血球、リンパ球などを食べるマクロファージを作っているのもリンパ節です。

 

このように、リンパ液、リンパ管、リンパ節、リンパ球の力によって細菌から身体を守っているのです。

 

老廃物や毒素を除去する

私たちの身体は日々老廃物や毒素を作り出しています。
これらは細胞が代謝(新しく生まれ変わること)などを通して、どうしても発生してしまうのです。

 

また、食品などによって体内に毒素を取り入れてしまうことも。
これらは肝臓や腎臓などによって処理されますが、身体に巡ってしまったものはリンパの出番となります。

 

例えば、アンモニアや尿酸、乳酸などがこれに当てはまります。
これらは身体にとって有害なので、いつまでも循環させておくわけにはいきません。

 

そこでリンパを通してリンパ節でろ過し、余計な老廃物や毒素を腎臓や肝臓へと送り込みます。