むくみの原因

MENU

舌のむくみは顔むくみに繋がる?

舌もむくむことをご存知でしょうか。

 

あまりピンとこない方も多いかもしれません。
では実際に鏡に向かって舌を出してみましょう。

 

もしも、舌の横のほうに歯型がついていたり、デコボコになっている場合にはむくみによって舌が膨張しているサインであると捉えることができます。

 

舌のむくみというのは、あまり自覚症状のあるものではありません。そのため、案外気がつかないものです。

 

例えば、顔のむくみや足のむくみというのはなんとなく「腫れぼったいような不快な感覚」がありますが、舌に関しては鏡でしっかりとチェックしないと分かりません。

 

舌がむくんでいる状態だと、顔のむくみが起こりやすい、あるいは既に起こっていると考えることができます。

 

同じ顔にあるパーツなので当然と言えば当然ですね。

 

舌のむくみを改善することが出来れば、そのまま顔のむくみの解消、つまり顔やせにつなげることができる、ということを覚えておいて下さい。

舌のむくみの解消法

舌のむくみを解消するためには毎日の食生活を見直すことが重要となってきます。

 

まずは塩分を控える食事内容を意識することが大切です。

 

塩分が多い、つまり味付けの濃い食事を続けていると体内のナトリウム濃度が高くなりすぎて浸透圧の関係からむくみが発生しやすくなります。

 

塩分の摂りすぎによるむくみには、カリウムという体内の水分量を調整してくれる成分を摂取するとよいと言われています。

 

カリウムはバナナやきゅうりなどに含まれていますが、食事だけでは足りないこともあります。その場合はサプリメントなどを活用しましょう。

 

 

また、アルコールを摂取することによって血行が急激に良くなること、そして腎臓や肝臓などの老廃物や毒素を分解する臓器に負担がかかることも、むくみの直接的な原因となっていますので飲酒は適量を心がける、寝酒は避けるようにするようにしましょう。

 

どうして舌がむくむ?

舌がむくむ人、というのは冷え性であることが多いです。
冷え性の人は血行やリンパの流れがとても悪い状態にありますので、なかなか身体に溜まった水分を流すことができません。

 

加えて、夏場は冷たい飲み物やアイスなどの冷たい食べ物によって身体が内側から冷えて冷え性がひどくなったり、冬はそもそも気温が低いので血行が悪い、と問題があります。

 

夏場はできるだけ冷たすぎる飲み物を控えるようにします。
暑さが辛いときには、冷やしたタオルや、氷嚢などを使ってワキの下や首を冷やすと身体の荒熱を取り除くことができます。

 

冬場は温かい飲み物などを積極的にとって、身体の内側からしっかりと温めていくようにしましょう。

 

オススメは生姜湯です。
生姜に含まれている辛味成分は代謝を上げて、血行を良くすることによって身体を温めることができます。

 

このように、季節によって対処方法を切り替えることも重要ですので自分なりに取り組みやすい方法を工夫してみましょう。