顔のむくみの原因

MENU

妊娠によってむくみが起こる

妊娠すると顔のむくみが気になったり、足などにむくみが生じやすくなります。
妊娠初期であれば、さほど変化を感じることは無くても28週目以降の、いわゆる妊娠後期になるとほとんどの人がむくみを実感するとまで言われています。

 

その数は全体の3割以上にも及び、顔がむくんでパンパンに腫れあがる、足がむくんで辛いなどの悩みが多くみうけられます。

 

これは妊娠によるホルモンの変化によって引き起こされていると考えることができます。

 

そもそも妊娠することによって身体に様々な症状が現れるようになります。
一般的に良く言われていることは、つわりや便秘、頻尿、痔などがありますね。
その中にむくみが含まれています。

 

むくみの原因というのは身体の水分が上手く循環することができずに細胞間に溜まってしまうことにあります。
これには水分量や体内のナトリウム濃度などが関わってきます。

 

その他にも、たんぱく質不足、ビタミン不足、貧血、妊娠中毒症などが考えられます。

 

妊娠中はホルモンに変化が起こるだけでなく、胎児に栄養を送らなくてはならないので妊婦そのものの体質に大きな変化が起こるのも原因と考えることができます。

 

妊娠によるむくみの原因

妊娠すると、胎児に血液を通して栄養を送り込む必要があります。
そのため、血行を良くして流血量を増やすために血液をサラサラの状態にしなくてはなりません。
どうやってサラサラな血液に仕上げるのかと言えば水分量を多くすることで実現しています。
この水分というのは細胞などにも行き渡らせるのでむくみが強く現れやすくなるというわけです。

 

さらにホルモン分泌の関係からもむくみが発生しやすくなります。

 

その他にも、妊娠によってお腹が大きくなることによって血管が圧迫されることにより、身体の末端へと水分が押しやられてむくみが発生しやすくなってしまいます。

 

妊娠によるむくみの解消方法

妊娠していると、激しい運動や熱いお風呂、サウナなどでたくさん汗をかくことが出来ません。
そのため、むくみ解消は自然と幅が限られてきます。

 

良く言われるのが塩分を控えるようにすること。
まったく摂取しないのは問題ですが、案外食生活を見直してみると塩分を過剰摂取していることは多いものです。

 

例えば炒め物などの料理は味付けを薄くして、食べるときに少しずつ醤油やソースを足していくようにしたり、蒸し料理を増やすなどの工夫をしてみましょう。

 

また、マッサージはとても有効な手段となります。
顔のむくみは自分でやった方がいいですが、足などはパートナーにマッサージしてもらうことでむくみの解消も愛を深めるのにも効果的となります。

 

夜眠るときにはむくみの気になる部分を少し高くするのも有効です。
例えば朝起きたときの顔のむくみがひどい場合には枕を少し高くしてみる、足のむくみがひどい場合にはタオルケットなりを足元に設置してその上に足を乗せて寝るようにする、などの方法があります。

 

妊娠中のつらいむくみ…解決策はあるの?関連ページ

ストレスとむくみ
仕事や主婦業などをしていると必ずと言っていいほどストレスを感じる場面があります。そのストレス、実は顔のむくみの原因にもなっているのです。
「どうしてストレスがむくみと関係あるの?」と思ったあなたは、
ぜひこのページを読んでみてください。
貧血とむくみ
生理中は腹痛だけじゃなく、体がむくんじゃう。本当に最悪! そんな方は、きっと貧血なのではないでしょうか? 貧血とむくみは一見関係ないように思われますが、実はつながりがあったのです。貧血からむくみ、という負のスパイラルに陥らないためにも解決策を紹介します。
便秘とむくみ
食生活や女性のワークスタイルの変化によって、便秘で悩む女性が増えています。便秘は、腸内に便が溜まるだけでなく、肌荒れや体臭、むくみまで引き起こします。体のトラブルを起こさないよう、便秘にならないような生活を心がけましょう。このページではそのコツを紹介します。
むくみとタバコ
最近ではタバコを吸う女性も増えてきました。それは社会進出によるストレスを解消するためにはやむを得ないことでもあります。 しかし、タバコは百害あって一利なしです。むくみを解消させるためにも、一度禁煙に挑戦してみてはいかがでしょうか?